お祓い&お清め・開運(セッション例1)

お祓い&お清め・開運(古神道ベース)のセッションがどういう内容か分からないのでなかなか申込めないというご意見をいただき、お客様の了解を得て、実際のセッション内容の一部をご報告します。

セッション<1回目>

「相談内容」

父が夜中に突然、意識錯乱状態になって暴れだした。
幻覚を見ており、叫びながら家から飛び出そうとした。
という緊急のご相談です。

予定が詰まっており、対面でのご予約がとれなかった為、遠隔セッションで行いました。

まずは、お父様の守護存在にご挨拶と祈りを行いました。
お父様の状態を確認(透視)すると、閉じかけの黒いチューリップの中にお父様がいる映像が見えました。
それから寝ているお父様に黒いモワモワした雲(または霧)がかかっている映像も見え、何かネガティブなものというか汚れたものに包まれているイメージでした。

泥水の激流にのみこまれて、意識を失ったまま流されている映像も見えました。
自分を完全に見失った感じです。

今回の幻覚症状が、霊的な原因かどうかを神道フーチ(特殊なペンジュラム)で確認すると、NOと出ました。

では、幻覚症状で混乱している原因は何ですか?と守護存在に聞くと、 口に何かを入れられてる映像がみえました。

行ったのは、
・開運(道を切り開く)
・幻覚症状の改善に最適なヒーリング(2種類)
・心身の癒しのヒーリング
・お薬師さまの霊薬によるヒーリング(2種類)
・守護力の強化
・肉体に溜まった方災の祓い(外出時に何か憑いた可能性を考慮)
・現時点の本人にとって最適な光の注入
・本人の健康に最適な光の注入

の他、祓いは何回も行いました。
古神道の祓いは、神社で年末などに行われるお祓いをイメージすると分かりやすいと思います。
ヒーリングや光の注入は、神仏によるもので、御霊入りの笏を使って行います。

その他、エネルギー状態を確認した時に、お父様の頭上の中央に大きな玉が乗っていて、それはジャマなのでとった方が良いという事なのでとりました。

もし原因が憑依など霊的なものによる場合、行う内容は変わります。

今回は対面ではなく、遠隔セッションだった為、直接お客様との対話ができませんでした。
行ったセッション内容と、原因として口から何かが入った可能性があること、今回の症状が霊的原因の可能性は低いので、しっかり病院で検査をしてくださいとお伝えしました。

  に続きます

お祓い&お清め・開運

関連記事

ピックアップメニュー

  1. ooharai
    今年も、年末年始に グループセッション を行います。
  2. 飛行画
    あなたの願望実現、会社(組織) のビジョン達成への道筋を創ります!願望やビジョンを達成するブロッ...
  3. umitosora
    年末年始などに神社で行う お祓いのようなイメージの 強力なクリーニングです。